リッツカールトン大阪最上階に宿泊、スカイビルを見降ろせる絶景だった

たまにはリッチに

連れのお誕生日祝いのためリッツカールトン大阪さんへ。友人の結婚式以外で訪れることはあまりなく、久しぶりの訪問です。

今回のお目当てはフレンチダイニング「ラ・ベ(La Baie)」さんでのディナー。以前、心斎橋のYOSHIDAさんにてロイヤルオーククロノ購入時に頂いたお食事券があった事をふと思い出し、利用してみることに。

ラ・ベ公式ホームページを見てみると、オンライン予約フォームがありコース、時間帯を選択できます。直近の休日は既にほぼいっぱいの状態でしたが、平日はどの曜日も比較的余裕がありそう。

予約時にコースを選べる(席のみの予約も可)のですが、たまに利用する一休.comを覗いてみると、何故かこちらからのほうがコースの選択肢が多いという不思議。バースデープランも用意されており、公式HPよりも安く予約できるためこちらから予約することに。

連れがかなり少食のため、一番軽そうなコースをチョイス。バースデーパッケージも入れてちょうど頂いたお食事券(5万円分)+αくらいのお値段。

さすがのレベルの高さと文句なしのホスピタリティ

一番軽いコースのつもりでしたが、僕のほうも満腹になるほどしっかりとボリュームあり。食レポブログでは無いので詳細は割愛しますが、誰をどんな記念日に連れてきてもまず間違いが起こらないだろうという絶対の安心感を感じました。さすがにしょっちゅう来れる身分ではありませんが、料理のクオリティはもちろん、スタッフの方々の素晴らしいホスピタリティ含め最高レベルであり、また来たいなと心から思います。

37階スカイビュースーペリアダブルからの夜景

ホテルライクなタワーマンション住まいのため、歩いて来れるホテルにわざわざ宿泊することはまず無いのですが、せっかくの機会なのでそのまま一泊してみましょう。

部屋を開けると、グランフロントの3連ビルを見降ろす壮大な夜景が目に飛び込んできます。

写真ではうまく伝わりませんが、淀川を挟み梅田~十三までのパノラマ夜景をさえぎるものは何も無くまさに圧巻(この写真を5枚ほど横に繋げたような感覚)。しばらく写真撮影に没頭した後、ホテル内のフィットネスセンターへ。

設備はかなり充実、そして貸し切り状態

プールにも入ってみたかったのですが、22時以降は入ることができないため断念(朝は6時から入れる)。フィットネスセンターは6Fにあり、22時以降スタッフ不在となりますが24時間オープン。

ジムの入り口とは思えないエレガントさ
ベンチ、スミス、その他マシンもゴールドジム並に充実

一通りのメニューをこなし、翌日も仕事で朝が早いためベッドへ。

モーニングビュッフェはsplendidで

6時過ぎに起床。ビジネス利用で宿泊している客は少ないのか、1Fのイタリアンレストラン「splendid」(“素晴らしい”という意味らしい)は朝6時半オープンの時点でガラガラ。ひとしきり食べ終え、昨日満腹のため食べきれず置いてもらっていたバースデーケーキをデザートに頂いてそのまま仕事へ。

たまには一流ホテルにお金を出して泊まるのも意義があるなと、考えを改めさせられた一晩でした。洗練された調度品の数々は見ているだけでも美的センスが磨かれそうであり、また一流のスタッフの仕草、言葉遣い、対応、他の宿泊客のファッションセンスなど感心させられること多数。なにより連れが終始本当に幸せそうな顔をしていたのが印象的でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加