TECH::CAMP 3ヶ月経過してみて

スポンサーリンク

なんとか学習の”習慣化”に成功している

さて、“テックキャンプ”に再入会してみたの記事からちょうど3ヶ月が経過。一度目の入会の時には、カリキュラムをほとんど進められず3ヶ月目で退会してしまった苦い経緯があるため、自分の中で一つチェックポイントのようなタイミング。

前回と同じ轍を踏まないよう、今回は「自宅でのオンライン学習を行わない」作戦をとることに。つまり、TECH::CAMPの自習室に「仕事帰りに」「毎日必ず」立ち寄ることをルーティーンとして自分に課しました。

その結果ですが、今のところ前回とは比較にならないくらいのカリキュラムをこなすことができています。なかなか毎日定時に仕事を終えられるわけではなく、ルーティーンを 100% は守れてはいませんが、少なくともseamlessに学習を続けられていることは確か。

3ヶ月の進捗はこんな感じ

テックキャンプのカリキュラムには、【Webコース】【AIコース】【デザインコース】の3コースが用意されており、どこからでも開始することができます。ただし、プログラミング初心者がいきなり【AIコース】から開始するのはハードルが高く、【Webコース】で基礎を身に着けてから【AIコース】に進むのがセオリー。【デザインコース】は全く別カテゴリーのため気分転換的に同時並行で進められます。

僕はプログラミング初心者なので、セオリー通り【Webコース】からスタート。

【Webコース】

1 準備編

 プログラミングを開始するにあたり、必要な環境設定を行い、仕組みについての基礎的な知識を身に付けてゆきます。プログラミングを行うプラットフォームには、AWS(Amazon Web Service)を使用。普段からパソコンを使い慣れている方であればここは一瞬でクリア可。

2 HTML / CSS編

 Webサイト作成の基本となる、HTML/CSSを学んでゆきます。実際に手を動かして簡単なサイトを作成しながら学習してゆくスタイル。ここも割と簡単なので、スイスイとカリキュラムを進められます。

3 Ruby編

 ここからようやくプログラミングに入ります。Rubyは日本人が開発した比較的歴史の新しい言語であり、他の言語に比較してコードがシンプルで短いため、開発スピードが速いというメリットがあります。そのためスタートアップ企業等で好んで使われているそう。

 HTML/CSSが静的なWebサイトを構築するための言語であるのに対し、Rubyはユーザーからの入力を受けて様々な形で反映させることのできるアプリケーションを作成するための言語。分かりやすく例えると、ネットの掲示板やSNSがこれにあたります。カリキュラムでは実際に写真や文章を入力し、保存することのできる簡単なWebアプリを作成しながら学んでゆきます。

 ここからちょっと難しくなり、”ハッシュオブジェクト”, “配列オブジェクト” のあたりからやや混乱し始める方が多いのではないでしょうか。

4 Rails基礎

 Rubyのカリキュラムを終えると、次はRailsに進みます。Railsとは、”Ruby on Rails”の名前の通り、Rubyのフレームワーク(開発を効率的に進めるための道具)。Rubyそのものの開発は、アプリを実際に動作させながらコードを書いてゆくといった「モノを作っている実感」がありますが、Railsはサーバーとのデータのやり取りといった「裏方」なものになるためイメージが掴みづらいです。そして、次から次へと新しいワードが出てくるため1回では全く理解できません。カリキュラム1周目は、無理に全てを理解しようとせずざっと全体像を把握するに留め、2週目以降に細かいところを確認してゆくのが良いでしょう。

5 応用編

 3ヶ月経過時点のカリキュラム進捗状況は

HTML/CSS ①周目→Ruby ①周目→Rails①周目

→ HTML/CSS ②周目→Ruby ②周目→Rails②周目(現在ココ)

そのため応用編にはまだ手をつけられず。Railsの複雑な概念と格闘しているところですが、繰り返し学習すれば後から分かる(慣れる?)ようになると信じ、とにかく今は立ち止まらないようにと心がけています。


TECH::CAMPは色々コースが増えてきており、入会者数もこの数か月でかなり増えている印象。というのも、TECH::CAMPの教室で自習していると、初回オリエンテーションに訪れる生徒数が明らかに増えており、メンターの手が回らないほどの日も。そして最近何気に入会費、月額費用が値上げになった模様(それでも競合他社と比べると破格)。

【TECH::CAMP】 ▼僕はこちらのコースで勉強中

【TECH::CAMP】▼もっと本気でエンジニア転職を目指したい方はこちら


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加